バラは誰もが憧れを抱く花~多くの人を魅了するパワーがある~

バラ

比較が大切

バラ

庭があるとさまざまなメリットがありますが、雑草に悩まされるという一面もあります。そこでおすすめなのが草刈りを業者に依頼する方法で、業者選びをする際には比較サイトや一括見積もりサイトを利用すると便利です。

詳しくはコチラ

注意点を把握する

ガーデニング

草刈はいろいろな方法で行われています。この機械を使用するときには注意を怠らないようにして使用しなければなりません。大きな場所での草刈は無人でコントロールできる草刈り機械も登場してきています。

詳しくはコチラ

育成は難しくない

ガーデニングの醍醐味

土

バラは多くのガーデナーの憧れの花であり、今も昔もガーデニングの醍醐味とも言える花です。 自分の家の庭をお持ちの方であれば、庭をバラでいっぱいにしてみたい、なんて事を思った事のある人も少なくありません。 どんな女性も見れば美しいと思ってしまいますし、香りも色も多様なのでとても素敵で魅力的な花です。 しかし、バラはトゲがある種類がほとんどで、虫も付きやすく、日々の管理は大変で、美しく育てる事は難しいとされています。 確かに簡単ではありません。 しかし、育てる事になれてしまえば難しくない、と言えます。 種類や地域によって育て方は多少違いますが、基本の育て方のポイントを押さえ、愛情を注いであげれば、初心者でも美しいバラを育てる事は十分に可能なのです。

育て方のポイント

二年生苗は、1月か2月に植えつけるのがポイントです。 春になると一年生の苗が園芸店などで見られますが、こちらは6月頃までに植えつけます。 植えつける前に、必ず行なっておかなければいけないのが土作りです。 バラは水はけが良くふかふかの土が大好きなので赤玉土6、腐葉土4がおすすめの配合です。 それからバラには肥料が欠かせません。 肥料には、化成肥料、骨粉、油粕、乾燥牛糞、堆肥などを混ぜますが、これらが根に当たるとバラが傷みますので、深い場所にすきこんでおくのがポイントです。 植えつける場所は、午前中に日が当たる場所が好ましいです。 一日中日が当たらなくても大丈夫ですが、水はけの良い場所を選びます。 植え付け後はたっぷり水をやり、その後はよほど乾燥しない限り水遣りしない事もポイントです。 バラは、肥料をうまくやらないと綺麗に花が咲きません。 バラの種類によってもやる時期は異なりますが、基本的にはたくさんの肥料を必要としているので、花が咲く時期には肥料を切らさない事です。

厄介な芝を任せる

バラ

自宅にある庭の芝刈り作業を自分ですることができない人は、できるだけきちんとした芝刈りを行ってくれる専門の業者にお願いしてしまった方が良いです。比較的安価な料金で対応してくれるところが多く、庭を綺麗にすることが出来ます。

詳しくはコチラ